会社案内・アクセス

会社案内

岡山県北3市5郡2村を中心に、多くの愛読者に恵まれている 『津山朝日新聞』の発行を行っております。 「正邪を明らかにし、不偏不党、もって中庸の報道により地域文化の進展に寄与せんとす」という理念のもと、創刊100年を越え、さらなる飛躍を目指しております。本社工場では新聞印刷の他に印刷全般の業務を行っております。

商 号 株式会社津山朝日新聞社
所在地 〒708-0052 岡山県津山市田町13
TEL 0868-22-3135
FAX 0868-24-3184
創 業 明治43年7月
代表者 福田邦夫
資本金 1000万円
従業員数 30人

沿 革

明治43年7月1日 作陽新聞として創刊。当時津山町鉄砲町、印刷所は同所植月永光堂、新聞名義人は柴田丈作、発行者は初代社長福田辰一。
明治44年 堺町に移転、印刷工場を持つ自社発行となり備作新聞と改題。
大正4年 田町の津山警察署裏通りに移転、社屋新築。
大正8年 宇那木真一主宰の美作新聞と合併「津山朝日新聞」と改題、隔日刊となった。
大正10年4月 日刊発行に踏み切る。(日曜、祭日休刊)
昭和2年10月 初代社長死去により、福田卓也二代目社長就任
昭和8年 新聞名義人柴田丈作から福田みわ(初代社長夫人)となる。
昭和14年8月 津山毎日新聞(塩山寿主宰)、作州日報(藤田義彦主宰)と津山朝日新聞の三紙合併、「津山朝日新聞」を継承。
昭和16年11月16日 一県一紙という国策により、今の山陽新聞(当時合同新聞)に吸収合併となり、発行回数7000号で一応の終止符を打つ。
昭和21年1月15日 福田卓也復員、合同新聞を退社して「津山朝日新聞」を復刊。7001号を発行。新聞名義人福田卓也。
昭和29年 日刊の作州日報(太田稔主宰)を合併、田町・現在の大熊屋敷跡で作州最初の輪転機を備えスピード印刷を開始。
昭和49年3月 オフセット輪転機を設置し、紙面の充実を図る。
平成2年7月1日 創刊80周年を迎える
平成10年4月 マッキントッシュ導入により、広告・印刷面での制作効率が上がる。
平成12年7月1日 創刊90周年を迎える。
平成14年5月 新聞制作システム Jパワー他一式導入
平成14年7月 二代目社長死去により、福田益之三代目社長就任
平成19年 CTP導入
平成20年11月 四代目社長に福田邦夫就任、福田益之は会長となる。
平成22年7月1日 創刊100周年を迎える。

アクセス


大きな地図で見る

〒708-0052 岡山県津山市田町13  TEL 0868-22-3135 FAX 0868-24-3184

株式会社 津山朝日新聞社

〒708-0052 岡山県津山市田町13
TEL 0868-22-3135
FAX 0868-24-3184